« 「Start Mac 体験モニター」第二弾の募集が始まりました。 | トップページ | 余っているネットワークを共有して世界中でWi-Fiを手に入れる。 »

2007年3月29日 (木)

サイトがリンクされるとRSSで教えてくれる、trackfeedが役に立ちました。

AppleのStartMacモニターに応募するため、自分のblogのページビューを調べてみました。ココログではアクセス解析を提供しているので、サイトのページビューとその内訳を簡単に調べることができます。ふと気づいたことが。3/27に突然ページビューが増えていました。

調べて見ると、先日、デジタル一眼で使う記録メディアを検討した記事をPOSTしましたが、(記録メディア転送速度テスト【トランセンド TS2GSD150】)この記事が価格.comのクチコミ投稿からリンクされたようです☆

[6155903] SDカードの転送速度について

[6156413] イクシ10で使えますか?

やっぱりレビュー系の記事は価値あるみたいですね。百式さんのblogでも、読んだ人の参考になる記事を書かないといけない、って書いてたような。

ここからが本題。今回のように他のサイトにリンクされたときに、教えてくれるサービスがあります。RSSリーダーのフレッシュリーダーでお世話になっているサイドフィードさんの、リンク元アクセス解析 trackfeed

サイトでメールアドレスを登録するとスクリプトが生成されます。そのスクリプトを自分のblogに貼り付けて置くと、リンクがクリックされたときにfeedが生成されます。そのfeedをRSSリーダーで購読しておくと、リンクがクリックされて自分のblogにアクセスがあったときに、リンク元をRSSで追跡できるという仕掛け。難しそうですが、やってみると簡単です。

私は生成したスクリプトをblogのサイドバーに仕込みました。サイドバーを更新すると全部のページに反映されるので簡単です。feedの購読はもちろんフレッシュリーダーですね。これで、自宅でも、会社でも、モバイルでも、ニュースや友人のblogをチェックするのと同じようにリンク元をチェックできます。

リンク元解析はアクセス解析でもできる機能だし、はてな日記などは標準で搭載している機能だと思うのですが、普段使っているRSSリーダーでチェックできるというのが一番のポイントだと思います。

リンクされた、と思うと、記事を書くモチベーションもあがるもの。これを機会にご自分のblogのリンク元をチェックしてみてはいかがでしょうか。

|

« 「Start Mac 体験モニター」第二弾の募集が始まりました。 | トップページ | 余っているネットワークを共有して世界中でWi-Fiを手に入れる。 »

Lifehack」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1768/14444678

この記事へのトラックバック一覧です: サイトがリンクされるとRSSで教えてくれる、trackfeedが役に立ちました。:

« 「Start Mac 体験モニター」第二弾の募集が始まりました。 | トップページ | 余っているネットワークを共有して世界中でWi-Fiを手に入れる。 »