« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の9件の記事

2006年9月27日 (水)

お帰りなさい、道上さん!

道上さんというのは、ABCラジオ おはようパーソナリティの道上洋三さんのこと。トラキチで有名なかたです。番組の歴史は古く、私も小学校時代に毎朝聞いておりました。それが、数年前に、ABCが食と農業を取り上げてキャンペーンをしていた折りに、うちの実家も取り上げられまして、それがきっかけでうちの実家が大ファンに。その道上さんが最近病気で入院され、ラジオの番組も2ヶ月暫く休まれてました。心配してましたが、無事退院され、今週から番組に復帰されました。うちの実家からは復帰祝いに似顔絵入りのケーキをお届けしたそうです。道上さんににてるかな?

復帰された日の放送は聴けなかったんですが、番組のWebから復帰のご挨拶が聴けるようになっていました。ともあれ、退院おめでとうございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

LLを試そう / 環境構築...

LLを試してみようとちょっと思い立って、備忘に残します。日記を見に来た方はスルーでよろしく。

LLってのはLightweight Languageのコト。今回はRuby on Rail がターゲット、です。もちろんRoRにはWindowsの開発環境も用意されてるんですが、あまりよく知らない環境で普段使いのデスクトップを汚したくないのと、ちょっとLinuxも触ってみたいのとで、VMWare上にLinuxを入れて遊んで見ることにします。すぐくじけるかも知れませんが。

まずはVMWareServerを入手してインストール。下記リンクからダウンロードできます。最新版は1.0.1ですね。ライセンスは無償ですが、ユーザ登録しておく必要があります。
http://www.vmware.com/download/server/

次に、今回インストールするディストリビューションのインストールイメージを入手。今回はFedoraCore5 を使うことに。@ITの記事によるとパッチ適用済みのRe-Spinイメージが下記からダウンロードできるらしい。
http://fedoraunity.org/

 VMWareへのインストールは簡単。VMWareServerでVMを作って、ダウンロードしたFedoraのイメージを仮想ドライブにマウントして電源を入れるだけ。Fedoraのインストールが始まります。VMを作るときに、Fedoraの選択肢がないんですが、今回はRHEL4をテンプレートに選択しました。ネットワークは横着してDHCPにしたので、ルータからアドレス振り出し後にアドレスを固定しておこう。インストールするパッケージは今回はなにも選択せず。必要なものはあとで入れる方針で。あと、今回はFW、SELinuxは試験と割り切って全部解除しました。

さて、VMWare越しにXは使えるというものの、ちょっと不便なので、フリーのXサーバを立てることに。Xmingを使用してFC5に接続する方法 に習ってXmingをインストール&設定。日本語キーボードも一発OKですね。クリップボードの共有ができていないのが課題。

ターミナルはいつもはTeraTermを愛用しています。でも、Fedoraのデフォルト文字セットはUTF-8なんですよね。というわけで、UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2 とやらを見つけて導入。

これで、とりあえずOSまわりの準備は完了。慣れれば3時間くらいで準備できます。あとはRubyとかMySQLの準備ですね。ここは書籍に頼ることにしました。 軽めの入門書です。なにせ、RoRはもとよりRubyも初めてなので。英語が十分できたら、こんな書籍に頼らないでもWebにリソースがあるんでしょうけど。

この本では10日程度でRoRの概要をつかめて簡単なアプリを作ってみるそうです。0日目の環境準備のところまでは取り組みたかったんだけど、今日はタイムアップかなぁ。

寄り道して締め切りに間に合わなくなるタイプ、反省ですね(汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

図書館、便利になったもんだ

図書館は結構好きなので、月に1~2度は行きます。数年前に、大和郡山市にもまともな図書館ができました。 最近ちょっと便利大和郡山市立図書館になったので、お知らせおば。1階が一般、2階が子ども向け。図書館内で視聴できるビデオライブラリもあります。いっつも混んでるので使ったことはありませんが。普段はみーたんをつれて2階に行って絵本をいっぱい読んであげます。みーたんもいっちょまえに貸し出しカードを持っているので、最大5冊まで、2週間かりてきます。みーたんの本を選んだあとか、よめさんがみーたんを見ててくれる間に、あわただしく自分の本を探して借りてきます。検索端末があちこちにあって、調べる環境は整ってるんですが、いかんせん時間がない。読みたい本は大抵貸し出し中で予約が必要だったり。ネットから予約ができたらいいのにな、と思っていた矢先、

新しい図書館システムが始まります!
10月5日から、パソコン、携帯(ドコモ、au、ボーダフォン)からも本の予約ができるようになります。もちろん図書館内のOPAC(図書館内利用者用検索端末)からも利用可能です。

http://www.yamatokoriyama-library.jp/toshow/index....

だそうです。期待大、ですね。

図書館、といえば、近くにはほかにもあります。

奈良県立図書情報館。1年前くらいにオープンしました。意外と近くにあるし、県立なので私も使用する権利があるかも。まだ行ったことないんですが、一度利用してみたい。インターネットからのアクセスも充実している様子です。

言わずと知れた国立国会図書館。関西館が学研都市にあるので、ちょっと足を伸ばせばそんなに遠くない。一度は見学してみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

稲刈りの風景

ども。先週末のことになりますが、実家の手伝いをしておりました。今の季節といえば、そう、稲刈りですね。うちの実家も例にもれず、米つくってるので、農繁期にはお手伝いします。 

コンバイン 写真はコンバインで稲刈りしている風景。もう最後の一条ですね。稲刈りしていると、稲のあいだに住んでいたと思われる虫が飛んできてとてもやっかいです。 田の周囲から刈っていくんですが、刈り進むにしたがって、虫も残りの稲にあつまってきて、、最後の一条が刈られるときにいっせいに飛び立つんですわ。結構うざいです。乾燥機

刈った稲は乾燥機に。これも、かつては30キロずつくらい袋にいれてコンバインからおろしてトラックに積み、乾燥機に張り込んで、、って肉体労働だったんですが、最近はコンバインのタンクからトラックに積んだグレンコンテナってやつに直接投入。グレンコンテナから乾燥機まではホースで搬送されるので、カラダはラクになりました。乾燥機で一晩乾燥させた後は、臼挽き、袋詰め。写真のような機械で30Kgを計量します。これで玄米のできあがり、ってなわけです。あとは、出荷や自家消費の直前で精米する、と。

米は実家から分けてもらってるので、農繁期くらいお手伝いしないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月20日 (水)

大きくなったでしょ?

子どもと一緒に早い時間に寝てしまったら、夜中に起こされました(汗)

今日は金魚の様子でもエントリー。もともとは金魚すくいですくった小さな小赤だったはずです。せいぜい4cmくらいの。うちでまるまる2年すごすうちに大きくなりました。体長8cm程度でしょうか。水槽(30cm、10リットル)のなかでも存在感があります。飼い始めた当初に、隠れる場所もいるだろう、ってことで土管、の、ようなもの、もおいたのですが、もう大きくなりすぎて入れない様子です。水槽の様子

 そんな水槽に、この夏仲間が増えました。といってもまた小赤ですが。みーたんがお祭りですくってきた金魚、それもちっこいのが8匹。(金魚って、匹でいいんでしょうか。。)全部で10匹になりました。メダカのようにちいさいのもいるんで、水槽がにぎやかになりました。こいつらは土管(のようなもの)にもちゃんと入ってくれます。小さいお魚を眺めてるのも癒されますね。

で、今後なんですが、希望としては、テトラとかも飼ってみたい。です。そのためには水槽をスケールアップしないと。でも場所に問題が。。今は玄関の下駄箱の上においてるんですが、45cmクラス以上の水槽になると重くなるので、下駄箱の上なんかには置いちゃいけないらしいです。うむむ。まずは家を探すことからはじめなきゃ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年9月17日 (日)

勘違いしてた(恥

ども。えと、勘違いしてました(恥)。もうえらそうなことは申しません。

なにを勘違いしていたかというと、「ハイジャック」の意味。よめさんとテレビの番組表みながら話をしていて、映画「スピード」からバスジャックの話になりました。

嫁:「スピード」って、バスが「ハイジャック」される映画やったっけ?
私:えー、バスは「ハイジャック」されへんで。それ「バスジャック」やろ?
嫁:えー、バスは「ハイジャック」っていわへんの???
私:「ハイジャック」は空飛ぶもんだけやろ。

と、ここまでは得意げな私。それじゃ、調べてみよか、と辞書引いてみたら、ちょっといやな予感。ウィキペディアで撃沈しました。なんでも、

「ハイジャック」の由来

駅馬車強盗が駅馬車の御者を呼び止める時に「Hi,Jack!」(やい、おめぇ)と声をかけた事から来ていると言われ、現在に至っている。したがって、対象が船でも車でも、乗り物を乗っ取る行為はすべて「ハイジャック」である。しかし、日本においてはよど号ハイジャック事件の際に「Hi」を「高い」という意味の英単語「high」と間違えて「高い所を飛ぶ=飛行機」の意味ととらえ、「Jack」を乗っ取りの意味としてとらえたため、その後「バスジャック」、「シージャック」、「カージャック」、果てには放送電波を乗っ取る「電波ジャック」まで多数の「ジャック」を使った和製英語が生まれることになった。

出展:ウィキペディア ハイジャック

だそうだ。得意げに自慢した直後だけに、めちゃ恥ずかしい思いをしてしまいました。みなさん、知ってました?常識??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

いや、インストールしてみるだけなんですが

ども。しばらく前のことになりますが、7/14ごろにVMWare Server が無償で公開されました。もちろん有償のエディションもあるんですが、まだ違いがわかりません。どうやら有償のほうが運用管理面とかが賢いらしい。あたりまえですが。ということは、ちょっと触ってみるくらいなら無償版でもぜんぜん問題ないわけでして。先日からダウンロードして早速インストール。LinuxとかWindowsServer2003EEの評価版とかを入れてみました。入れてみました、って、ほんと、入れただけなんですが。昔からそうで、新しいものがでたら、とりあえずインストールして満足(汗)

時おりしも、MicrosoftからもVirtualPCが無償で公開されたりして、OSの仮想化ってはやりですねぇ。これまではLinuxをインストールしても、パーティションわけなきゃいかんかったり、ディスクつなぎかえたりしなきゃいけなくて面倒でした。LiveCDにしたって、ブートしないといけないもんね。それに比べると、VMWareなら遊べそうです。たとえば、、、って、やっぱり使い道思いつきませんが(大汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

天使と悪魔を読みました

えと、めずらしく流行モノを読みました。ダン・ブラウンの「ダヴィンチコード」と「天使と悪魔」。ダヴィンチコードが意外と面白く・・・意外と、っていうのは、大抵期待が大きいほどがっかりするものなので・・・勢いで天使と悪魔もご購入。後半は一気に読んでしまいました。それぞれ舞台がパリ、ローマと、新婚旅行で訪れた街ってのも興味を惹かれました。観光案内のような側面もあるので、当時のことを思い出しますね。書評はほかのサイトに任せますが。

うちの会社の福利厚生、ある会社のアウトソーシングを受けてるんですが、その関係で書籍、CD、DVDが10%OFFで購入できるようになったのが嬉しい。送料も1点から無料になったし。Amazonに比べると、在庫が少ない、配送に時間がかかる、パーソナライズがチープ、と、さすがに劣るところはありますが、梱包が丁寧、宅配便じゃなくてポスト投函なので不在でも受け取れる(いいのか?)、なにより安い、といいことの方が勝ってますね。Amazonも5000円以上購入したらクーポンで還元されますが、梱包が雑なので、最近はちょっと敬遠気味、です。

さて、次は何を読もうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

子どもな私と大人なお嬢さん

夏の終りに連日の歓送迎会。29日、30日と続けて宴会でした。酒はそんなに強くはないけど好きなほうなので、調子に乗って飲み過ぎました。しかも、焼肉食べ放題とか飲み放題とかだと心踊っちゃって(^_^;)学生じゃないんだから、そろそろ量より良いもの食べたいんですが、まだまだ子どもですね。
そんな事を言ってる間に八月も終わり。今朝などちょっと肌寒く。つがいで飼ってるカブトムシのメスをここ数日見かけないのがちょっと心配。
みーたんは明日から幼稚園なんですが、昨日は一人でおばあちゃんの家に泊まって来ました。ママから離れて泊まってこれるなんてすごいと思う一方、なんか寂しいパパママでした。
今朝方電話してきたときにちょっと涙声だったのが、まだまだかわいい3歳かな。明日からがんばって早起きしようね。

--
この記事、実は31日の朝に通勤電車の中からMTMail経由でaPostしたんですが、どこかでエラーになったのか、うまく反映されなかったようです。ってか、エラーになったときはエラーメールくらい返して欲しいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »